So-net無料ブログ作成
検索選択
J.D.サウザー&カーラ・ボノフ ライブ ブログトップ

大感動! 2月24日(金)J.D.サウザー&カーラ・ボノフ@ビルボードライブ東京に行ってきました [J.D.サウザー&カーラ・ボノフ ライブ]

 3月に入って一週間以上が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。インフルエンザの勢いが落ち着いてきたかと思えば、いやなスギ花粉症の時期となり(今シーズンは花粉の飛散量が少なめとはいえ、同病の皆様には心からお見舞いを申し上げます!)、本格的な春の到来が待ち遠しくなりますね。

 私はといえば・・・2月いっぱいは、記録的な豪雪による除雪作業の合間に、日々の業務をこま切れにして差し込んで、どうにかこなしていくような毎日を送っておりました。そんなわけで、実店舗の移転先(同じ建物の1Fで、昨年2011年3月の父の他界後に、廃業した家業の履物店だった売り場)の改装作業は1ヶ月以上も中断したまま、確定申告も大幅に遅れて一昨日やっと提出できたような有様です。

 さて、本日3月9日(金)、久し振りにこのブログの記事を書いています。明日10日(土)は父の一周忌(法要で臨時休業します)、明後日11日(日)は東日本大震災の発生から1年、12日(月)は長野県北部地震の発生と父の葬儀から1年という、公私共々に実に大きな節目が重なります。

 改めて、東日本大震災、長野県北部地震で被災された地域の皆様には、心からお見舞いを申し上げます。被災地の多くの皆さんに一日も早く元通りの暮らしが戻ること、日本が一日も早く安全で安心して暮らすことが出来る国に戻ることを、切に願ってやみません。

 このタイミングですと、一年間を振り返って色々な思いを書き連ねるのが常道なのでしょうが、あまりにも多くのことが頭の中を駆け巡り、文字に整理することが出来ない状態です。

 

 そこで、今回は、ちょうど2週間前の2月24日(金)にビルボードライブ東京で行なわれた、J.D.サウザーとカーラ・ボノフのジョイントコンサートに出掛けてきた時のことをお伝えします。とはいえ、コンサート本番中の写真があるワケでもなく、ごく簡単な内容なのですが・・・ひとときお楽しみいただければ何よりです。

 

 

ユア・オンリー・ロンリー

ユア・オンリー・ロンリー

  • アーティスト: J.D.サウザー
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1997/01/22
  • メディア: CD

 J.D.サウザーといえば、やはりこのアルバムが一番有名ですよね。懐かしく感じる方も多いはずです。私は、いまだに良く聴いていますが・・・

 

ささやく夜

ささやく夜

  • アーティスト: カーラ・ボノフ
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1997/01/22
  • メディア: CD

  このアルバムの最後に収録されている「The Water Is Wide(邦題「悲しみの水辺」)」がデュエットされました。切ないくらいに、とても感動的でしたよ。

 

 

 コンサート当日の2012(平成24)年2月24日(金)、まずは最寄のJR信越本線高田駅から、いつも出張の時に利用する午前6時13分発 長野行きの各駅停車に乗り込む。毎度のように、JR長野駅の立ち食いそば屋で、ささっと朝食。長野新幹線に乗り、JR上野駅で下車。そのまま、アメ横のお客様のお店に挨拶まわり。

 その後、ウォーキング・エクササイズを兼ねて、JR神田駅まで中央通りを歩き続ける。ちょうどお昼時だったので、駅前のお寿司屋さんでお手頃ランチサービスを堪能(昼ビールは自粛)。午後一番で、御茶ノ水のお客様のお店に挨拶まわり。(楽器屋さんや中古レコード屋さん巡りも自粛)

 午後3時頃、五反田のビジネスホテルにチェックイン。持参したノートパソコンで、前日遣り残したホームページの仕事を1時間半ほど行なう。  

 

2012(平成24)年2月29日(水) L1000989.jpg

 午後5時半、新潟県上越市立城南中学校時代の同級生だったY際クンが待ち合わせ場所に指定した、TBS本社の1階正面ロビーに到着。途中経路である地下鉄千代田線に乗ったのは何年ぶりだったろうか?建て直されたTBS社屋に入るのは、もちろん初めて。完全に「おのぼりさん」気分、辺りをキョロキョロするのに精一杯で、写真を撮り忘れる始末・・・。

 再会の挨拶もそこここに、タクシーに乗り込んでビルボードライブ東京へ向かう。

こちらをクリックして、続きも是非ご覧下さい


nice!(25)  コメント(31) 
共通テーマ:音楽
J.D.サウザー&カーラ・ボノフ ライブ ブログトップ