So-net無料ブログ作成
検索選択

狼が来たぞー!ニューメキシコ州エスパニョーラに『イーストL.A.の狼たち』が来たぞー! [ロス・ロボス]

アメリカ合衆国の現地時間で、2009(平成21)年3月19日(木)


通算62回目ニューメキシコ州出張 第4日目


 前日までは、かなりハードなスケジュールと長距離運転が続いたが、それも何とか一段落がついた。引き続き仕入れの仕事があるものの、特にアポイントメントがあるわけでもないので、さほど先を急ぐ必要はない。普段走る最短のルートではなく、少し遠回りのルートを走り、ちょっと違った景色を眺めながら、エスパニョーラの町の南端まで来た。

 一日の仕事の段取りなどを考えながら、走り慣れた単調なフリーウェイを運転していると、路肩の外に立っている巨大な看板が突然目に入リ、思わず釘付け状態となってしまった。瞬間的に後続車の確認をして、路肩に車を止め、50mほどを足早に歩いて、巨大な看板の足元に向かう。

2009.3.20 P1070862.JPG

 ロス・ロボス コンサート 3月20日(金) OHKAY(オーケー)カジノ・リゾート・ホテルにて・・・なんてことだ、明日の夜じゃないか!あのロス・ロボスのコンサートを日本で観るチャンスなんて、これから先も、そうそうあるもんじゃないぞ。 全くの想定外、予想だにしなかったチャンス!これは、何としても行きたい!行くしかない!

 コンサート会場は、ここから一本道のフリーウェイを15分ほど走れば、すぐに着いてしまう場所だ。電話やインターネットでチケット予約をするなんて面倒くさい。仕事先のチマヨ村に向かう前に、直接行ってしまおう。この日は仕事のアポイントがなくて、本当にラッキーだった。

 コンサート会場のカジノに入ったのは、この時が初めてだった。係員の女性から、チケットを売っているカウンターの場所を教えてもらい、数十台のスロットマシンが並ぶフロアを通り抜け、目的のカウンターに一直線で進む。元々、博才(ばくさい)の無い私には、ギャンブルはほとんど無関心、無縁であった。

 係員の女性にコンサートのチケットが欲しい旨を告げると、すぐに席番一覧を見せてくれた。コンサート前日の昼前にもかかわらず、運良く前から7番目の席があいていた。税込み45ドル(1ドル98円計算で約4410円)という値段は、彼等の世界的な知名度と日本の相場から考えたら、信じられないくらいの超破格値に思えた。

2009.4.30 P1070836.JPG

 

 

アメリカ合衆国の現地時間で、2009年3月20日(金) 

通算62回目ニューメキシコ州出張 第5日目  コンサート当日

 

 コンサートからの帰りが深夜になりそうなので、午後3時半を過ぎた頃に、ホテルの部屋で1時間ほど遅いシエスタ(昼寝)をとる。午後5時ちょうど、サンタフェのホテルを出発し、一路コンサート会場に向かう。

2009.4.29 P1070865.JPG

 午後6時ちょうど、コンサート会場であるカジノホテルの入口手前に到着。フリーウェイ脇の荒地にクルマを留めて、大きな電光掲示板の写真を撮っていたら、周回警備中のパトカーがクルマに近づいて来るのが見えた。乗り逃げされた盗難車か、或いは不審者の車両かと思ったのだろう。

 慌ててデジカメを持ったままの右手を頭上高く上げて、ハザードランプを点滅したままのクルマに駆け戻ると、パトカーの警官は状況を察したのか、そのまま立ち去って行った。

2009.4.29 P1070866.JPG

 コンサート会場入口付近にいた警備員に、開場時間の確認を念の為すると、7時からだとの返事。宣伝広告には開場6時と書いてあったが・・・開演の2時間も前から開場するワケないよなぁ、やっぱりね・・・と妙に納得しながら、館内のレストランを目指す。カジノの客とコンサート目当ての客で、かなり混み合っている。さほど待たずに、運良くテーブルが空いたので、案内されるがままに席に就く。

 2つ向こうのテーブルに、ロス・ロボスのメンバーであるDAVID HIDALGO(デイヴィッド・イダルゴ)にそっくりの男性が食事をしているなぁ~と思ったら、やっぱりデイヴィッド・イダルゴ本人だった!彼の存在に気付いた近くの女性客がサインを求め、最後には一緒に記念撮影をしていた。コンサート会場は勿論、カジノ館内も写真撮影禁止だと言われていたので、バカ正直にデジカメをクルマに置いてきていたのが悔やまれた。それにしても、まさか開演1時間前に、メンバーが普通に食事をしているとは・・・

 開演時間は午後8時。15分前に会場に入るが、観客はまばらでガラガラの状態。緞帳(どんちょう)はなく、ステージは丸見え状態。ステージの両脇と背後に大きなスクリーンがあるだけの、いたってシンプルな演出である。ぶらりとステージの下まで行くと、ギターテックの若者二人が、忙しそうに動き回っている。

 午後8時15分、だんだんと観客が集まり、いつの間にかいっぱいになっている。

 午後8時20分、コンサートが始まる。デイヴィッド・イダルゴが右手を振り上げるのを合図に、いきなり1曲目から観客は総立ち。中央の広い通路には、後ろの席から観客がどどーっと押し寄せる。全席指定のハズだったのだが・・・

 隣りの席の巨漢男は、缶ビールを立て続けに4本も飲んでいたが、私はサンタフェまでクルマを運転して帰らなきゃならないので、残念ながら全くのノンアルコールでライブを楽しむ。途中、スローなナンバーになると、センター通路でチークダンスを踊り出す熟年カップル客もあり。日本のコンサートとは、まるで違った雰囲気だ。

 本編は意外に短く、ちょうど1時間ほど。当然だが、お決まりのアンコールもあり、トータルで1時間半のステージだった。

 ストレートなロックンロール、彼等のルーツであるメキシカン・ナンバーも文句無く良かったけれど・・・ちょっと大人の感じ、都会の裏通りを連想させるような、こんな曲も生で聴くととってもカッコよかったなぁー!

  

 当初のセットリストには無かった、こんな大ヒット曲もプレイしてくれた。センター通路は、楽しそうに踊る観客で溢れている。サービス精神が旺盛で、ツボを十分に心得ているバンドだ。

  

 

 ちなみに、これが当日の本物のセットリストで、セサル・ロサス(CESAR ROSAS)かベースのコンラッド・ロザーノ(CONRAD LOZANO)が実際にステージで使っていたモノ↓ ギターテックのお兄ちゃんに頼み込んで、運良く入手。

 デイヴィッド・イダルゴ本人の弁によると、セットリストはあくまでも「目安」「予定表」に過ぎないんだそうで。その場の雰囲気で、急に曲目や順番を変えることはザラらしい。実際、この日も「ラ・バンバ」はセットリストには入っていなかったのに、ちゃんとプレイしてくれたから。結成35年でメンバーチェンジなし、百戦錬磨のライブで培った実力だろうね。

2009.4.29 P1080193.JPG

 アンコールの最後で、「ホールの外で最新ライブCDを15ドルで売ってるから、みんな買ってってくれー!これからサインパーティーだー!」 と狼の雄叫び。前から7番目の席だったので、会場ホールを出るのにかなり時間がかかってしまった。外では、CDを買い求める多くの観客で、既に長蛇の列が出来ていた。

 オルテガ社の店員のオバチャン家族と遭遇したり、周りの人と軽い会話をしていたので、長い待ち時間も全く気にならず。いよいよ自分の番が来ると、流れ作業のようにどんどんサインが書き込まれていった。周囲では、記念撮影のフラッシュの嵐。おいおい、撮影禁止のはずじゃなかったの??メンバー全員のサインをしてもらったら、急いで駐車場のクルマまで走り、デジカメを取ってサインパーティーに戻る。

 最後列のデイヴィッド・イダルゴに記念撮影を頼んだら、快く受け入れてもらえた。

 デイヴィッド 「ヘイ、握手をしようゼ!」

2009.4.29 P1070868.JPG

 な、なんてフレンドリーなんだ!!とても世界的に有名で超ビッグなバンドとは思えない!!

 デイヴィッド 「メンバー全員で記念撮影だ。お~い、みんな、日本のアミーゴと記念撮影だ。ちょっと手を止めてくれ!」

2009.4.29 P1070872.JPG

 他のメンバーも誰も文句を言わず、快くポーズを取ってくれたのは嬉しかったなぁ。コンサートの演奏そのものが素晴らしかったのは当然だけど、コンサート後のサインパーティーにも大興奮、大満足。

 サインパーティーで気付いたこと・・・5人のメンバーの中で、私(身長167cm)よりも背の高い人がいなかった! 一番背が高いデイヴィッド・イダルゴでも私と同じかチョットだけ低く、他の4人は更に小柄だった。ステージでパワフルにプレイしている姿を見ていると、割と大きい人たちかと思ったのだが・・・これは意外だったなぁ。でも、とても親しみも感じられた。

2009.4.29 P1080155.JPG

 これは、チケット売り場のに飾られていたプラスティック製ポスター。裏から蛍光灯を当てる為の特別仕様。チケット売り場の女性スタッフに、「カジノ館内は撮影禁止だとは十分承知しているが、どうしてもこのポスターの写真を記念に撮らせてくれないか」と、カタコトの英語にもかかわらずシツコク頼んだら、いきなり携帯電話をかけ始めた。

 しまった!しつこく言い過ぎたので、警備員でも呼んでいるのか・・・と思ったら・・・

 どうやら、責任者と話していたらしい。突然、踏み台に登って、このポスターを電飾フレームからはずし、プレゼントしてくれたではないか! なんて寛大なんだ! お礼にチップを20ドル渡したら、とても喜んでくれた。

2009.4.29 P1080156.JPG

 こちら ↓ が、会場の外で販売されていた最新のライブCD。日本のAmazonでも販売されていたようだが、4月30日(木)現在は、売り切れているみたい。公式サイトでは発売中のようだ。

2009.4.29 P1080157.JPG

 コンサート前日 3月19日(木)付けのエスパニョーラ地元新聞「リオグランデ・サン(RIO GRANDER SUN)」と、折り込み紙面裏の広告。これも立派なメモラビリア(思い出、記念の品)だ。

2009.4.29 P1080158.JPG

 どれが誰のサインなのか全く判別不能(笑)だったので、前出のプラスチック・ポスターの各人の上にも、改めてサインを書いてもらった。

2009.4.29 P1080159.JPG

 

 プリントTシャツのマニアとしては、こんなノベルティ品も、当然のごとく全種類を購入(笑)

2009.4.29 P1080196.JPG

 コミカルでメキシカ~ンな雰囲気の、スケルトンになっちゃったメンバー5人。

 

2009.4.29 P1080198.JPG

 これは、多分、セサル・ロサスかな。

 

2009.4.29 P1080197.JPG

 こっちは、手風琴を弾いているデイヴィッド・イダルゴだろうね。

 

 コンサートに興奮し、サインパーティーに感激し、自分へのお土産も買い込んで、大満足のうちにカジノ・ホテルを出発したのは、午後11時近く。真っ暗で、前後のクルマもまばらな夜のフリーウェイを、ひたすら法定速度をキッチリ守って走り続ける。今までに何百回と走った道だが、こんな遅い時間に運転したのは初めてのことだった。サンタフェのホテルに到着したのは、日付変更のちょっと前。

 

 LOS LOBOSの公式サイトはこちらから

 ロス・ロボスに関する日本語版ウィキペディアはこちらから

 

 

   次回もどうぞお楽しみに。

 

【 ヒット、ブームに関係なく、ごく個人的にお勧めのCD 】

ライブ・アット・ザ・フィルモア(DVD付)

ライブ・アット・ザ・フィルモア(DVD付)

  • アーティスト: LOS LOBOS
  • 出版社/メーカー: カッティング・エッジ
  • 発売日: 2005/06/29
  • メディア: CD

ディスク:1 

1. グッド・モーニング・アズトラン    
2. アイ・ウォーク・アローン    
3. マリア・クリスティーナ    
4. チャームド    
5. ラズ・デ・ミ・ヴィダ    
6. リタ    
7. ザ・ネイバーフッド    
8. マリセラ    
9. ティアーズ・オブ・ゴッド    
10. ヴァイキング    
11. ハウ・マッチ・キャン・アイ・ドゥ?    
12. キコ・アンド・ザ・ラヴェンダー・ムーン    
13. カンビア・ラザ    
14. ホワッツ・ゴーイング・オン  

ディスク:2 

1. ザ・ビッグ・ランチ 
2. アイ・ウォーク・アローン 
3. マリア・クリスティーナ 
4. ダーン・ゴーン・ブルー 
5. チャームド 
6. ラズ・デ・ミ・ヴィダ 
7. リタ 
8. マリセラ 
9. チェインズ・オブ・ラブ 
10. ハニー・トゥモロウ 
11. ティアーズ・オブ・ゴット 
12. ヴァイキング 
13. ザット・トレイン・ドント・ストップ・ヒア 
14. キコ・アンド・ザ・ラヴェンダー・ムーン 
15. ハウ・マッチ・キャン・アイ・ドゥ? 
16. メヒコ・アメリカーノ 
17. アイ・ゴット・ローデッド 
18. グッド・モーニング・アズトラン 
19. カンビア・ラザ 
20. シェイキン・シェイキン・シェイクス 
21. マス・Y・マス 

 結成30周年を迎えた2004年7月、サンフランシスコ フィルモア・コンサート・ホールでのライヴを収録したCDとDVDのセットです。決して派手なパフォーマンスやステージアクトを駆使するバンドではありませんが、長いライブ活動で鍛え抜かれた安定した演奏が魅力です。ストレートなロックあり、彼等のルーツであるメキシカンありの、目いっぱい楽しめる豪華でお得なパッケージですよ!

 

【本業サイトからのお知らせです 】

※アクセス混雑時には、ダウンロードに時間のかかることがあります。どうぞご了承下さい。

 

※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

アメリカン・ターコイズ・インディアンジュエリー by ベアトラックさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

 

 

アメリカ合衆国アリゾナ州とニューメキシコ州で現地買い付けしてきた、インディアンジュエリーやオルテガ社製チマヨ・ベスト&チマヨ・ブランケット他を、本業サイトで掲載・販売しています。代引き送料・手数料は無料サービス中です)


 携帯電話用サイトは こちら です


また、ほぼ週刊メルマガ「BEAR TRACK Eニュース」を無料配信中です。インディアンジュエリーやオルテガ社の製品、ニューメキシコ州に関するお役立ち情報、新着情報などをいち早くお知らせしています。ご登録は、本業サイト http://www.e-beartrack.com のトップページ右サイドにある、メルマガ登録フォームからどうぞ。


nice!(37)  コメント(38) 
共通テーマ:音楽

nice! 37

nice!の受付は締め切りました

コメント 38

コメントの受付は締め切りました
paddies

こんにちは
凄いな・・・最初の看板から最後まで大興奮です。
本場のライブ行ってみたいです!
終わったあとのサイン会もポスターの話も・・・自分の事のようにワクワクします。



by paddies (2009-04-30 18:08) 

ベアトラック

◎paddies さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 全くの偶然でしたが、とてもラッキーなLOS LOBOS体験が出来ました。
 ライブ、サインパーティーともに、興奮と感激の連続でした!


◎xml_xsl さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。

◎お茶屋 さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。

◎takemovies さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。
by ベアトラック (2009-04-30 20:44) 

ハイマン

ビール片手にライブ最高^^
っていうか憧れです!
by ハイマン (2009-04-30 23:58) 

たろう

すごい!!
これは一生の思い出になりますね♪(^^)♪

by たろう (2009-05-01 06:06) 

ベアトラック

◎ハイマン さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 ビール片手にライブを楽しみたかったのですが、帰りの運転がありましたので・・・涙
 前もってライブのことを知っていたら、会場のホテルを予約しておいたんですがねぇ。


◎aranjues さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。

◎Yuki さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。

◎pace さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。


◎たろう さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 はい、一生の思い出になりますよ~♪♪
by ベアトラック (2009-05-01 06:35) 

Bijoux

ベアトラックさん、ご無沙汰しとりまーす^^
うぉぉぉぉ。スゴーぃ。
スターなのに、とっても気さく?!
さすがウルトラスーパースターですね♪
by Bijoux (2009-05-01 09:59) 

3Y5

ベアさま凄すぎ~!
うらやまシスコ。

by 3Y5 (2009-05-01 10:24) 

PETTY

1枚目のガイコツのヤツ・・・・オフィシャルサイトで見て、欲しくて欲しくて・・・オーダーしちゃおうかな。
しかしフレンドリーだなぁ。


by PETTY (2009-05-01 10:41) 

たいへー

おっちゃん、少年のような顔してまっせ。^^
楽しかったんですね。
by たいへー (2009-05-01 10:41) 

SilverMac

有名なメキシカンロックバンドですね。お宝も入手、ラッキーでしたね。
by SilverMac (2009-05-01 10:58) 

ベアトラック

◎Krause さん、こんにちは。いつも nice! ありがとうございます。

◎マイケル さん、こんにちは。いつも nice! ありがとうございます。

◎sonic さん、こんにちは。いつも nice! ありがとうございます。


◎Bijoux さん、こんにちは。大変ご無沙汰しておりました。

 そうなんですよ、世界的なスーパーバンドなのに、とてもフレンドリーでした!


◎ドン引き出し 3Y5 さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 いや、凄いのは、腰の低いロス・ロボスのメンバーたちです(笑)
by ベアトラック (2009-05-01 11:39) 

ベアトラック

◎がぁこ さん、こんにちは。いつも nice! ありがとうございます。


◎たいへー さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 そりゃもう、すっごぉぉぉ~く楽しかったぁぁぁー


◎PETTY さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 フリーダ・カーロっぽくなく、あくまでも陽気なメキシカンってところがミソですね。
 こちらが恐縮しちゃう位、とってもフレンドリーな中年の狼たちでしたよ。


◎SilverMac さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 とてもラッキーでした。出張中には滅多にないことです。
by ベアトラック (2009-05-01 11:49) 

Qoo

ロス・ロボスは持ってないんですよね~
軽快で良いですよね
結構好きなんですが、どうして持ってなかったんだろう?
by Qoo (2009-05-01 13:36) 

cocoa051

身震いしましたよ。
このままずっと聴いていたいです。
お気をつけてサンタフェまで。
by cocoa051 (2009-05-01 15:38) 

northernisland

なんかいつもと文体が違うので???とおもってたら

『グレ~ト!!!!!!!』

じゃないですかぁ! しょっちゅうアメリカに行かれてるベアトラックさまでなければ経験できないことですよね!

大興奮が伝わってきますが、それだけじゃなくって非常に冷静にルポされているので、その場の雰囲気まで伝わってきます。いや~スゴイなぁ!

 ここで一句

『実るほど頭を垂れるロス・ロボス』

                                  イシイ
by northernisland (2009-05-01 16:19) 

ベアトラック

◎Qoo さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 ルーツ・ミュージックであるメキシカン、ブルーズ、R&B、ロック等を、とてもうまく融合させているバンドだと思います。各メンバーが多才で、派手さはないものの、非常に上手いですね。
 今回お勧めしたライブCD+DVDは良いですよ。


◎cocoa051 さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 もっと色々な曲のYouTubeを貼り付けようかとも思ったのですが・・・
 帰りは、超安全運転でサンタフェのホテルに戻りました。


◎northernisland イシイ さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

 年に4回ニューメキシコ州に出張し続けていますが、なかなかライブは観られませんね。過去の滞在中、或いは日程が1日違いなどで見られなかったのは、テキサス・トルネード、故フレディー・フェンダー、メアリー・チェイピン・カーペンター、ジャクソン・ブラウン、ローリング・ストーンズ、ドゥビー・ブラザーズ+ピーター・フランプトンetc・・・
 だから、3月の出張でロス・ロボスのコンサートを偶然にも観られたのは、とてもラッキーでしたよ。
 
 ロス・ロボスは、本当にフレンドリーで、ファンを大事にしているようです。
by ベアトラック (2009-05-01 16:41) 

ムーンライト

>な、なんてフレンドリーなんだ!!
興奮が伝わってきます。
凄い。良かったですね~。

豚インフルエンザ。心配ですね。
by ムーンライト (2009-05-01 17:40) 

ベアトラック

◎nyan さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。

◎侘び助 さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。


◎ムーンライト さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 3月の出張は、本当にラッキーでした。ライブの夜は、興奮しっ放しでした!
 豚インフルエンザが、ひどいパンデミックにならないと良いのですが。
 被害が広がらず、早く終息することを願っています。
 次回のアメリカ出張は、ちょっと様子を見てからにします。
by ベアトラック (2009-05-01 20:47) 

DEBDYLAN

狼に会いにきたぞ~♪

とーさんったら!!
羨ましすぎ(笑)

ライヴも記念写真もポスターもCDもTシャツも、
みぃ~んなnice!っす^^。
ライヴ会場で売ってたCDのジャケット、カッコいいっすね♪

ロス・ロボスは3枚目まで持ってます。
久々に聴きなおしてみようかな^^♪

おススメのCD+DVDのライヴ盤。
かなり気になります。

ココにも悪魔の囁きがぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~(爆)

by DEBDYLAN (2009-05-01 20:54) 

ベアトラック

◎DEBDYLAN さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 毎度いらっしゃいませ。すっごく羨ましいでしょー(笑)

 黒いジャケットのライブCD「ONE TIME ONE NIGHT」も良いですよ。
 でも、まずは「ライブ・アット・ザ・フィルモア」CD+DVDを買った方が得だと思います。
 コンサートのノリが、音と映像の両方で、ビシビシ伝わってきますよ!
by ベアトラック (2009-05-01 21:28) 

1275GT

やはり警察(パトカー)に対する感覚が日本と違うのを感じますね。

それにしても偶然と幸運が重なって、最高の夜をすごされましたね。
一生のタカラモノもたくさん出来てよかったですねぇ。
なんともフレンドリーな写真には驚きです。

by 1275GT (2009-05-02 00:50) 

kaoru

おはようございます。
うわぁ〜凄いですね。
最高の夜に酔い痴れられて
どれも素晴らしい一生の宝物ですね。
興奮と楽しさがヒシヒシと伝わって来ます。
by kaoru (2009-05-02 09:18) 

ベアトラック

◎いとお さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。

◎sasasa さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。

◎mouse1948 さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。


◎1275GT さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 ライブ会場の外には、5,6人の体格の良い警官が警備に当たっていました。
 本当に幸運な出張でしたよ。お宝もいっぱい手に入ったし・・・
 こんなにフレンドリーな対応で、かえってこちらが恐縮する程でしたよ~


◎kaoru さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 自分がもうじき年男だということを、すっかり忘れ切った一夜でした(笑)
 今でも、あの時の興奮と感動が蘇ってきますよ~
by ベアトラック (2009-05-02 10:12) 

寂光

記事を読んで感動しました。
好きなものがこうして何事もよろしく運ぶという幸せ、
ひしひしと感じ取ることが出来ました。
by 寂光 (2009-05-03 05:49) 

エルモ

すっごいですね。
日本じゃこんな事不可能ですよね~
ってか、日本ってどうして敷居を高くしちゃうんでしょうね?^^;;;
by エルモ (2009-05-03 07:54) 

YAP

出遅れてしまいましたが、前の記事での創立19周年、おめでとうございます。
すごいですね。
それにしても、フレンドリーな方々ですね。
これぞアメリカ!
by YAP (2009-05-03 09:50) 

ベアトラック

◎寂光 さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 全くの偶然でしたが、とても幸運でもありました。
 10代の頃に戻ったように、はしゃいでしまいましたよ~


◎エルモ さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 警備の問題など、会場側の事情を最優先にするからではないでしょうか。
 いずれにしても、とてもラッキーで楽しい夜でした。


◎ちえとも さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。


◎YAP さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 ありがとうございます。これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします。 
 PAが若い日本人スタッフ、来日歴2回(?)の所為もあったのか、親日派でしたよ。
 メンバーが飲んでいたのは、SAPPORO黒ラベルの小瓶でしたよ。
by ベアトラック (2009-05-03 10:50) 

paddies

こんにちは
今、見てきたレコードやさんにdylanの新譜が出ていたのですが、バックにベアトラックさんの友人、デヴィッド・ヒダルゴが参加しているそうです。
by paddies (2009-05-03 13:20) 

ベアトラック

◎paddies さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 素敵な情報ありがとうございます! さっそくチェックしてみますね。


◎chee さん、こんばんは。いつも nice! ありがとうございます。
by ベアトラック (2009-05-03 17:24) 

ベアトラック

◎kotobuki1946 さん、おはようございます。いつも nice! ありがとうございます。
by ベアトラック (2009-05-04 06:55) 

U3

よい思い出になりましたね。
ラテンの心地よいリズム堪能しました。
by U3 (2009-05-05 18:44) 

ベアトラック

◎U3 さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 はい、想定外でしたが、本当に良い思い出となりました。
 ロス・ロボスは、メキシカン(チカーノ)音楽に留まらない、素晴らしいバンドだと思います。
by ベアトラック (2009-05-05 20:52) 

U3

日本でもCD手にはいるのですか?
by U3 (2009-05-05 22:28) 

U3

あ、アマゾンで手に入りますね。
by U3 (2009-05-05 22:30) 

yumi

ベアトラックさんのその場での興奮が伝わってくるような…。^^
ポスター、貰えたなんて、ラッキーですね~!
Tシャツを全種類、、、流石です。*^-^*
by yumi (2009-05-06 04:27) 

ベアトラック

◎U3 さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 はい、Amazonでロス・ロボスのCDは手に入ります。

 「How Will The Wolf Survive?」 http://tinyurl.com/d7qee5 等も、軽快なロックと彼等の原点であるメキシカン(チカーノ)音楽の要素が程よく楽しめて、個人的にお勧めな1枚です。


◎yumi さん、おはようございます。いつもありがとうございます。

 自分の年齢を忘れて、大いに興奮してしまいました(笑)
 非売品のポスターを手に入れることが出来たのも、とてもラッキーでした。
 やはり、キリスト様のお告げ通り、門は叩いてみるものですね。
 ピンポン・ダッシュはご法度ですが(笑)
by ベアトラック (2009-05-06 07:12) 

吾妻虎太郎

コメント、遅れてすみません。
アコーディオンとイーストLAのTシャツがリアルな感じでいいですね。
コロサルヘッドくらいから、日本公演が妙にクールな感じになってしまい、しばらくご無沙汰していました。
久しぶりに、活き活きとしたLos Lobosのレヴューを拝見することができて、嬉しい限りです。
この長い歳月のあいだに、セサールの家族が悲劇的な死を遂げるなど、さまざまなドラマがあったようですね。
それらを乗り越えて今日の彼らがある、ということだと思います。

by 吾妻虎太郎 (2009-05-07 20:35) 

ベアトラック

◎吾妻虎太郎 さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

 そうですね、コロッサル・ヘッドあたりからクールな感じになりましたね。
 最近は、また少し戻ってきた感もありますが・・・
 ライブは、ストレートな音でエネルギッシュでしたよ。
 メキシカンの要素も、ふんだんに楽しませてくれましたしね。
 セサール・ロサスの家族に、そんな悲劇があったことは知りませんでした。
by ベアトラック (2009-05-07 23:24)